姫路に来たらこれ食べて!

明石焼き風たこ焼き

姫路駅北側

再開発でかなり様変わりした姫路駅北側(お城側)周辺ですが、わたしが小学生の頃から姫路駅でお気にいりの定番と言えば、「明石焼き風たこ焼き」です。


明石焼き風たこ焼き


姫路タコピア

旧駅ビル(FESTA)の地下に昭和な感じのフードコートでずっと親しまれていたのですが、駅周辺の再開発の工事でしばらく駅前のビルに移って営業していたのが、先日久しぶりに行ってみると地下街にちゃんと「姫路タコピア」という名称で復活していました。


10個ダシ付き390円!

明石や、神戸辺りで食べると500円以上はしますが、ここ姫路のたこ焼きは390円!ちょっと小腹が空いた時にちょうどいい、おやつ感覚の安心価格です。まず自販機でボタンを押すと赤いプラッチックの札が出てくるのが食券です。


明石焼きの食べ方は、熱々ダシに浸けて食べますが、姫路っ子の食べ方はたこ焼きのソースをぬってからダシに浸けて食べます。また、ソースを付けないでダシに浸けるパターンと、ソースを付けてダシに浸けないパターンなど、数パターン楽しみながら食べます。


最近のたこ焼きは「外がカリッと中はトロトロ」系が多いですが、これは明石焼き風ということで外も中もふんわりやわやわ。お箸で持つと崩れてしまうし、ダシに浸けた時点でもう丸くはなくおじや状態になってしまいますが、それをずずっと食べるのがまた美味しいのです。
姫路に来られることがあったら是非どうぞ。場所は一旦JR姫路駅の改札を出て北側の地下街(GROUND FESTA)です。


えきそば


もうひとつ、姫路駅名物と言えば「えきそば」有名ですよね。
黄色いそばに和風だしとふにゃふにゃ天ぷらのあれです。食券渡して10秒ほどで熱々えきそばが出てくる。
これもわたしが小学生の頃から駅のホームで買って食べたり、当時は姫新線の電車の中に持って入って(今は禁止されていますが...)車内で食べたりしていました。


えきそば


数年前に姫路駅が完全に高架化された後もちゃんと各ホームにえきそばのお店が新しい雰囲気で移され、今でもホームに降りるといいダシの香りを漂わせています。寒い冬はもちろん、飲んだ後の締めや、仕事で帰りが夜遅くなった時など、えきそばのダシをすすると「あ〜日本人でよかったぁ〜。」ってホッとします。
こちらは、在来線の各ホームにありますし、新幹線乗降口前でも食べられます。姫路駅を通ることがあれば是非チェックしてみてください。


在来線ホームのお店

えきそば360円


広告...





筆者について

  • Twitter
  • Facebook

Designer・Photographer・Consultant

Yoichi Okada

神戸でWebサイト制作やデザイン・イラスト・撮影などの業務を中心に、企業や店舗へのWebのコンサルティングや運用支援をやっている会社で悪戦苦闘しています。